新田五郎のゆかい・おもしろ・ときめき日記

思ったことをブチかます、なんびとたりとも止められねえ

小山田圭吾のいじめ問題

オリンピック・パラリンピック開会式の音楽監督をFPM田中知之が担当、作曲メンバーに小山田圭吾 - 音楽ナタリー

 

ミュージシャンの小山田圭吾が、オリ・パラ開会式の作曲メンバーに入っているということで、彼が90年代に告白した「学生時代にやった障害者に対するいじめ」の話が、まとぞろ再燃している。

 

小山田圭吾が「学生時代にやったいじめ」についてインタビューに答えたのは、90年代半ば頃、クイックジャパンからしい。詳細知りたい人は調べてね。

 

ネットにあがっているインタビューは「抜粋」だから、それだけを読んで小山田圭吾のいじめについてあーだこーだ言うのはあまりフェアではない。もしかしたら、抜粋されていない部分に、いじめ発言をひっくり返すようなことが書いてあるかもしれないし。

 

しかし、まあ常識的に考えて、そういうことはないと思う。何より、小山田をインタビューしているライターが「いじめはエンタメ」とか「いじめられて立ち直れなくなってもそれはそれでポジティブ」とかわけのわからないことを言っているのだ。

「クイック・ジャパン」は、リアルタイムで必ずしもサブカル・オタク少年少女に全面的に支持されていたわけではない。

いろいろと物議をかもした雑誌ではあるが、それにしても、言外に「小山田圭吾は悪くない。いじめは避けられない。それが現実」というトーンで語られ、わざわざいじめられていた人たちに連絡を取って小山田と対談させようとする姿勢には、90年代当時でも私はドン引きしたと思う。

 

ここまでの所業が、ネットで検索したらすぐに出てくるとなれば、小山田がパラリンピックの音楽を担当するとなったらほじくり返されても仕方あるまい。

 

ただし、一般論として、性格のねじ曲がったやつや頭のおかしいやつ(小山田みたいなやつのこと)が、天才的な才能を発揮するのもよくあること。それについての極論としては「連続快楽殺人犯が一流のアーティストだった場合、それは評価されるべきか」という問題に行きつくだろう。

 

さて、「当人の非常識さと何らかの才能は別に存在する」ということを確認したうえで、私が今まで再三聞いてきた、小山田の「いじめ」発言についての感想を書く。

 

まず、小山田のいじめ発言が商業誌に載ってしまったのは、「90年代」という時代が非常に大きい。

60年代後半あたりから2000年代くらいまで、カウンターカルチャーサブカルチャーとして「一般常識では明らかに悪いこととされていること」が本当に悪なのか? がずっと問い直され続けることとなった。

その「悪いこと」の中に、現状の閉塞感をひっくり返す何かがあるのではないか、という考えだ。

わりと無害な領域で言えば、大人のくせにアニメや特撮を観ること、エロいマンガを描いたり読んだりすること、などもその範疇に入る。有害な領域で言えば、やはりチョクの暴力行為であろう。

 

たとえば梶原一騎のバイオレンスは、「大日本帝国こそ最高で最強」と教育された少年・梶原が「敗戦」で周囲の価値観がまるっきり変わってしまう中での「裏の歴史」としての意味があった。

空手バカ一代」が、うっすら「伝統派カラテ」をディスって、「極真空手」を「身体に直接攻撃する『本物の空手』」としてアピールしたのは、いわば武装解除された戦後日本における「暴力性の肯定」と言ってよい。

そして表面上は、梶原作品も「弱いものいじめ」を「正しい」と書くことはなかった。

 

他にも「ハレンチ学園からしばらく続く永井豪アナーキー性であるとか、東映のバイオレンス映画とか、音楽にはうといが音楽業界にも「暴力性を肯定する」という潮流はあっただろう。

しかしそれらのほとんどは反体制的、反権力的なものであった。

 

それが80年代から90年代に入ったあたりから、「弱者への暴力」もサブカルチャーにおいて肯定する風潮になって来た。

理由はよくわからないが、普通に考えて、「強者への暴力」が反体制的な意味を帯びており、それがどうやら簡単には通用しないとわかって、おめおめと宗旨替えしたのであろう。

むろん、そんな中でも最良の部類に入る表現としては、「70年代の革命が成らなかった者たちも、敗者ヅラをしているが、『弱いものがさらに弱いものを叩く』という表現そのままに、自分たちのコミュニティのさらに弱い者を叩いているではないか」というような批判的言説もあったことはあった。

だから「弱者への暴力」を「問い直す」こと自体は、90年代当時でも思考実験としてはあり得た。

 

そんなわけで、小山田圭吾のインタビューをきちんと読まないまま、

「ああ、90年代の時代の流れに飲まれて、口が滑ったんだろうなあ」

という程度の認識しかなかった。

 

電気グルーヴの卓球、瀧の二人も、90年代にはよくいじめの話をしていた。

後から入ったメンバー「まりん」をいじり倒していたし、学生時代のいじめについても面白おかしく語っていた。

しかし、2020年現在、あるいは瀧が薬物で逮捕されたときも、「あいつらはいじめっ子でした!!」みたいな掘り返しは観ない。

それは、おそらく「語り」として厳密な線引きがあったからに違いない。

 

たとえば、「まりん」に対しては瀧と卓球は「メンバーの誕生日にプレゼントを贈り合う」というふうに決めていて(お互いのジョークまじりのいやがらせの一種か?)、何をあげたらいいか困っているまりんに「別に日用品とかでもいいんだよ。おれはもらった財布をいまだに普段使っているよ」などとアドバイスしていた。

本気でいじめていたら、そんなことは言わないだろう。

 

卓球、瀧の過去のいじめ話についても、私が聞いたかぎりでは「いじめ」というよりドッキリに近いものが多く、それ自体をエンタメとして昇華したかったようだ。「ケンカ」についても、ケンカになりそうになったら、「殴り合いのけんかにならないように持っていく」と卓球が話していたのを覚えている。

当たり前だが知的障害者をいじめた、という話も出てこない。

 

電気グルーヴは90年代の「いじめだってアリなんじゃないか?」という狂った雰囲気の中で、自身の線引きができていた。小山田圭吾はそこをまったくわかっておらず、調子こいてやや勇み足してしまった。

まあ、私はそんな程度の認識でいたわけだ。

 

しかし、このたび小山田圭吾のいじめ経験についてのインタビューを読んで、

「これは調子に乗って口を滑らしたわけではないな」

と確信してしまった。

 

正直、読んでいてその醜悪さにゲボが出そうになった(笑)。

 

しかし問題なのは、小山田圭吾と、学生時代に小山田がいじめていた人たちを再会させて対談させようとするライター、企画者だろうな。

まったく、何考えてんだ。頭狂ってんのか?

 

90年代はサブカルチャー界隈では「人権」が問い直されていた。しかし「人権」が問い直されていたからと言って、社会的弱者を「人権がない人」として抑圧していいわけがない。

この辺のことは、90年代は本当にひどかった。

そして、「弱者へ暴力をふるっていいんじゃないか」という変な問題提議は、ここで断言するが、60~70年代に「強者(権力)への暴力が、完全敗北したから」である。

 

内ゲバの歴史を観てみてもわかる。内ゲバでどうなったんだ。内ゲバで革命が起こせるのか。いや別の言い方をすると「内ゲバ」とは、革命のための後退的な所業である。

内ゲバは内部のトラブルを解消することだけに意味がある(と思われていた)からだ。

 

内ゲバが流行れば、そりゃ、そんな雰囲気を知っていれば「いじめ」も流行るだろう。

小山田は学生運動していた世代ではないが、時代の雰囲気はそんな感じだったのだろうな。

 

しかし、小山田の外堀を埋めた連中(とくに担当ライター)は、いくら時代の影響を受けたとはいえ、頭が狂っていたとしか思えない。

 

そもそも、小山田がかつていじめていた人物と再会したとき、いじめていた側が、ドスでも日本刀でも持ってきて小山田を惨殺するかもしれない、とか考えなかったのだろうか。

 

もうそこからして、担当ライターが「いじめられっ子」をナメきっていることがうかがえる。

おそらく、対談を企画したライターは、再会したら小山田といじめられっ子は、すぐに学生時代の関係性に戻るという先入主があったのではないか。

 

いじめられっ子をバカにするのもいいかげんにしろと言いたい。

 

しかし、ため息が出る。90年代は、サブカル界隈では、60~70年代の学生運動の敗北から(自分たちがそのつもりがなくても)あがいていた。

その「あがき」のひとつが90年代に連なる80年代の「面白主義」(主義主張や思想よりも面白さを優先する考え方)だったし、対象をからめ手でおちょくる「パロディ」だったわけだが、そこに「暴力性」が加わってくると、小山田圭吾の学生時代みたいなことに(残念ながら、一部では)なってしまったということは言えると思う。

 

早い話、小山田圭吾にいくら音楽的才能があるのか知らないが、「90年代鬼畜トーク」に関しては、彼にまったく才能がなかったということだし、その「才能のなさ」に気づいていたのかいないのか、煽った周囲もそうとうに罪は重いと思う。

 

繰り返すが殺人犯だろうが連続強姦魔だろうが、とんでもない才能を持っている人間は実在する。問題はその評価だ。

本質的には、その人の人生と「表現」は切り離して考えるべきだろう。そうでないと「性格は悪いがつくるものは良い」とか、そういうことをいちいち精査しなければならなくなってしまう。

だが一方で、エンタメ作品は、「いくら作品と別と言ったって、ああいう言動をされると、ああいう態度を取られると醒めるよなあ」という、消費者側の「気分」もある。

アンジャッシュの渡部の「すれ違いコント」の本質と、「多目的トイレで浮気していた」ことには何の関係もないが、「あんなことしているのを知っちゃったら、観る気なくすよなあ」ということはある。

 

まあ何にしろ、小山田圭吾のいじめに関するインタビューは、インタビュアーも含めて90年代サブカルの最悪の部分だろう。

 

小山田圭吾は嫌いでも、90年代は嫌いにならないでほしい。

 

まあ、90年代に何の義理もないのだが。

90年代、おれに金くれよ。

 

おしまい

 

(追記)

nittag.hatenablog.com